ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook

一市三町の行政区域地図
当社からのお知らせ

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」


  紙面掲載広告案内
 ■ヘッドライン
 ■会社概要

 


2024年6月19日付
 第7003号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています


【お知らせ】


◆合宿の里情報


士別市での公演ご案内

あさひサンライズホールの公演ご案内




名寄ENーRAYホールの公演ご案内

【今日のヘッドライン】

【士別市】
■肥料価格高騰対策:2585万円の補助金見込み
―甜菜作付面積は517fに
―振興策強化で一定程度を確保
士別市は本年度、甜菜の作付面積拡大を図るため、甜菜作付振興事業を強化した。そのなかで甜菜の作付に対して10アールあたり5千円を補助する肥料価格高騰対策事業では2500万円ほどを補助する見込みとなっている。

【士別市】
■23日から男女共同参画週間
―だれもがどれも選べる社会に
―市民テラスでパネル展開催

【士別市】
■Jrレスリング士別・京野さん
―全国中学生選手権で3位に入賞
―シード権獲得し選抜での活躍も期待

「今日のハイライト」 【士別市】 家庭応援券:全戸に配布

21日ごろまでに発送

士別市は庭応援券=写真=を配布するが、その発送がすでに始まっている。21日ごろまでにすべての世帯に送付されることになっている。

 家庭応援券事業は、物価高騰で市民に与える影響を緩和するため、士別市が市内全戸に1世帯1万円(1千円券10枚)を配布する事業。
 幅広い経済効果をもたらすことができるよう、大型店等でも利用できる共通券(黄色)、大型店等以外で利用できる一般店舗等利用券(青色)を5枚ずつ(5千円分)の2種類に分けて配布する。
 取扱店として登録している市内約170店で利用できることになっている。
 家庭応援券は6月に入ってから「ゆうパック」で順次発送しており、21日ごろまでには市内全戸に配布される予定となっている。

 21日以降、家庭応援券が届いていない世帯については、士別市総務部企画課(電話26―7790)で問い合わせを受け付けることになっている。
 家庭応援券の利用期間は12月31日までとなっている。 士別市内の写真サークル写藍(嘉藤哲志代表)は16日から、西4条12丁目の川高さん宅の庭で青空写真展を行っている。

sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.