ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook」を開設しました。
〈5年前の記事〉
 士別市は、人材の発掘と育成を目的に本年度「士別まちづくり塾」事業を実施する。本年度については、青年対象と女性を対象にしたまちづくり塾を開催。実施要綱を作成しており、まちづくり塾に参加する青年・女性の募集を開始している。

一市三町の行政区域地図

当社からのお知らせ

 アサヒサンライズホール講演のチケットは朝日サンライズ、当社などにあります

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」

 ■ ヘッドライン 
 ■ 選挙関連 
 ■ 会社概要 

  紙面掲載広告案内

  イベント案内・あさひサンライズホールチケット案内



2019年9月13日(金
曜日)付 第5734号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています
・ヘッドラインは12日付までお休みします。フェイスブックをご覧ください

【今日のヘッドライン】

【士別市】 士別のサフォークが登場します

 長尾寧音さんが主演する北海道の魅力を伝えるショートフィルム「ふるさとからの贈り物」が公開されています。
 このムービーではサフォークのレザーを使った工芸品を制作しているFu's roomさん(札幌市)とともに、士別市のめん羊牧場も舞台になっています。
 長尾さんのコメントもあります。
https://www.shortshorts.org/content/project/9451/
 ※一部、OS(WinXP)によっては見られない場合があるようです。(Win7以降、ipad、iphonでは視聴可能)

 【士別市】 士別市老人クラブ連合会:230人参加し芸能発表会

士別市】
■士別市いきいき健康センター
―開設からの利用者8万5千人超える
―「終活支援」あり方検討

 士別市議会第3回会定例会は11日、一般質問を行った。そのなかで士別市は、士別市いきいき健康センターの利用が開設から今年8月までに、延べ8万5千人を超えたとした。また、高齢者対策の一環として終活支援のあり方について検討する考えを示していた。

【士別市】
■霧立峠
―速度抑制と居眠り防止へ対策
―交通事故多発で関係機関が協議
    
【士別市】
■士別市教委
―高速道路の現場を見学
―児童たちが工事の職業体験

【剣淵町】
■アルパカ牧場
―クラウドファンディングプロジェクト資金で日よけ歓声
―10月20日に10周年感謝祭

■市議会一般質問
―受入協議会:農業研修生は1人
―サンライズホールの指定管理10月に方向性
―開設から5カ月が経過
 士別市議会第3回定例会は10日に本会議が再開となり、一般質問を行った。そのなかで、士別市受入協議会が2016年10月に設立してから受け入れた農業研修生は1人にとどまっているとした。あさひサンライズホールの指定管理者導入に向けたスケジュールについては、今月下旬までに公募か非公募の募集方法を決定し、10月下旬までにその方向性を示すとした。さらに市議会第4回定例会で、指定管理者の議案を提案するとした。指定管理者を導入することで、専任スタッフを確保し、ニーズに的確にこたえていく体制が整うとしている。

【士別市】
■マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場者
―士別で練習した選手19人
―合宿の里推進協らが現地で応援

【士別市】
■士別市交通安全母の会
―黄色い羽根に協力を
―20日から街頭募金開始

【士別市】
■日本甜菜製糖株式会社
―100年の歩み記念誌に
―士別工場とのかかわりも 

【士別市】
■14日開催
―「多寄産」を一堂に
―有志がたよろde市

【士別市】
■北星信用金庫第46回景況レポート
―観光回復、公共投資下げ止まり
―依然「売上の停滞・減少」が問題点

【士別市】
■市立士別図書館
―「猫」をテーマに展示
―絵本や紙芝居集める

「今日のハイライト」 合宿の里士別:応援ツアーを実施

 【士別市】 クイーンズ駅伝で

 合宿の里士別推進協議会は、第39回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の応援ツアーを行うことにしており、その参加者を募集している。

 合宿の里推進協議会は、士別で合宿を行ってきた各チームを応援するとともに、市民が主体となった合宿の里士別をPRすることを目的に応援ツアーを実施している。

 今年のクイーンズ駅伝は、11月24日に宮城県仙台市で行う。

 ツアーは11月22日から24日の日程で行い、開会式会場やコース沿道、ゴール地点などで、士別で合宿を行ってきたチームを応援することになっている。

 士別で合宿を行いクイーンズ駅伝に出場が決まっているチームはパナソニック、ダイハツ、ワコール、JP日本郵政グループ。

 最終的には10月20日に開催のプリンセス駅伝の結果ですべての出場が確定する。

 応援ツアーの参加料など詳細な問い合わせと申し込みは、士別市教育委員会合宿の里・スポーツ推進課(電話23―3121)で受け付けている。

 応援ツアーの申込締め切りは10月11日までとなっている。


【お知らせ】









sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.