ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook

一市三町の行政区域地図


当社から公演のお知らせ


 

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」

 ■ ヘッドライン 
 ■ 選挙関連 
 ■ 会社概要 

  紙面掲載広告案内

  イベント案内・あさひサンライズホールチケット案内


2021年9月23日(木曜日)付
 第6255号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています


あさひサンライズホールの公演ご案内

【今日のヘッドライン】

【士別市】 士別のサフォークが登場します

 長尾寧音さんが主演する北海道の魅力を伝えるショートフィルム「ふるさとからの贈り物」が公開されています。
 このムービーではサフォークのレザーを使った工芸品を制作しているFu's roomさん(札幌市)とともに、士別市のめん羊牧場も舞台になっています。
 長尾さんのコメントもあります。
https://www.shortshorts.org/content/project/9451/
 ※一部、OS(WinXP)によっては見られない場合があるようです。(Win7以降、ipad、iphonでは視聴可能)

【お知らせ】

 【士別市】 ■新型肺炎(コロナウィルス)関係によるの延期もしくは中止

【士別市】
■20年度国保税収納状況
―総計分9年連続で全道1位
―3部門とも収納率過去最高
―市民の高い納税意識が下支え
北海道市長会がまとめた2020年度の道内各市における国民健康保険税収納状況で、士別市は総計分収納率と現年度分収納率が、全道35市で1位となった。総計分収納率が1位となるのは9年連続。現年度分収納率は2年連続となる。
 
【士別市】
■24日新旧市長引き継ぎ式
―就任直後から日程めじろ押し
―新市長の所信表明10月8日

【士別市】
■認知症理解で特設コーナー
―アルツハイマー月間で初の取組

「今日のハイライト」 【士別市】 認知症理解で特設コーナー

 アルツハイマー月間で初の取組

 士別市は、世界アルツハイマー月間の行事として21日、士別市役所1階市民テラスに特設コーナーを設け、訪れた市民らに認知症への理解を求めていた。

 国際アルツハイマー病協会は、認知症への正しい理解を進めることを目的に9月を「世界アルツハイマー」月間と定めている。
 月間では世界各地で啓発活動を行い、国内でも「家族の会」が中心となって各種の関連行事を行っている。

 士別市でも、より多くの市民に認知症の理解を深めてもらおうと今回初めて、関連行事を実施した。
 士別市役所入り口に近い市民テラスに設けた特設コーナーには、認知症に関する動画の放映や関連ポスターの展示、絵本コーナーなどを設けていたほか、物忘れチェックなども実施。

 また特設の相談コーナーも会場に設けて、担当職員らが認知症に関する市民からの相談を受け付けていた。

 士別市は「こうした機会を通じて、より多くの市民が認知症を理解してもらえれば」と話していた。

sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.