+
ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook

一市三町の行政区域地図
当社からのお知らせ
 4日付から7日付までヘッドラインは配信を中止いたします。

 

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」

 ■ ヘッドライン 
 ■ 会社概要 

  紙面掲載広告案内



2022年8月3日(水曜日)付
 第6490号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています

【お知らせ】


天塩川源流まつり実行委員会からのお知らせ


あさひサンライズホールの公演ご案内


EN-RYYホールの公演ご案内



【士別市】 士別のサフォークが登場します

 長尾寧音さんが主演する北海道の魅力を伝えるショートフィルム「ふるさとからの贈り物」が公開されています。
 このムービーではサフォークのレザーを使った工芸品を制作しているFu's roomさん(札幌市)とともに、士別市のめん羊牧場も舞台になっています。
 長尾さんのコメントもあります。
https://www.shortshorts.org/content/project/9451/
 ※一部、OS(WinXP)によっては見られない場合があるようです。(Win7以降、ipad、iphonでは視聴可能)

【今日のヘッドライン】

【士別市】
■地域ネット:緑の散歩道:中心部に住民サロン開設
―多寄町:活性化と情報発信の拠点
―気軽に立つ寄れる場をと
―地域通貨導入で意見交換
士別市と旭川市、富良野市、名寄市の4市が連携して上川地方の活性化を図っていこうと上川管内4市連携会議の初会合が30日、名寄市内のホテルで行われた。この日は地域通貨について議論を行ったが、今後は各市が抱える共通課題について首長が話し合っていことで広域連携の可能性を探っていくことにしてる。

【士別市】
■夫婦で羊飼養独立を目指す
―齋藤さんに協力隊の委嘱状交付

【剣淵町】
■絵本の館
―第32回けんぶち絵本の里大賞が開幕
―お気に入り絵本に投票を

「今日のハイライト」 【士別市】 けんぶちチアチーム;最高の演技を全国で

士別から16人が出場

8月26日から東京都で行われるジャパンカップ2022チアリーディング日本選手権大会に、剣淵町の絵本の里けんぶちジュニアチアリーディングクラブが出場する。1日には士別市教育委員会を訪れ、中峰寿彰教育長に経過を報告し奨励費を受け取った。

 チームは6月に千歳市で行われた道大会において、小学生高学年の部で優勝。

 中学校の部でも東川町の大雪子どもチアリーディングチーム「スノーベル」との合同チームが優勝し、ともにジャパンカップへの出場権を獲得した。

 1日には大会に出場するメンバーのうち士別市内の小中学生16人が市教委を訪れ、中峰教育長から奨励費を受け取った。

 中峰教育長は「練習の成果を発揮して最高のパフォーマンスを見せてほしい。下の世代の子どもたちの励みにもなるはず」と選手たちを激励していた。

sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.