ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook

一市三町の行政区域地図
当社からのお知らせ

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」


  紙面掲載広告案内
 ■ヘッドライン
 ■会社概要

 


2024年5月19日付
 第6981号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています


【お知らせ】





◆合宿の里情報



士別市での公演ご案内

あさひサンライズホールの公演ご案内




名寄ENーRAYホールの公演ご案内

【今日のヘッドライン】

【士別市】
■玉置雅也さん(士別市社協主事)
―能登半島の被災地に入り支援活動
―地域のつながり大切さ実感
―経験をこれからの防災に
士別市社会福祉協議会地域福祉係主事の玉置雅也さん(36)が、能登半島地震の被災地で災害支援活動に参加した。17日には士別市役所を訪れ、渡辺英次市長に支援活動の様子などを報告していた。玉置さんは「今回の経験を地域の防災活動に役立てていきたい」と話している。

【士別市】
■合宿の里士別推進協議会総会
―歓迎事業や交流など実施
―SNS活用し情報を発信

【士別市】
■中央公民館
―学び舎つくもの登録者募集
―60歳以上市民の学習機会にと

【士別市】
■士別地区保護司会
―資質向上や関係団体と連携
―防犯・飛行防止活動を実施

「今日のハイライト」 【士別市】 士別市交通安全母の会:きらきら運動:事故防止に役立てて

中1生に夜光反射材配付

 士別市交通安全母の会(山本静枝会長)は交通事故防止を目指し、市内の中学1年生に自転車用の夜光反射材を配布する「光って安全!きらきら運動」を実施している。

 車のヘッドライトで反射して存在を知らせる夜光反射材は、交通事故防止に大きな効果が期待できる。
 交通安全母の会は、夜光反射材を子ども自身で取り付けることで交通安全意識の高揚につなげようと、2021年度から中学生に夜光反射材を配布する「きらきら運動」を開始した。

 本年度は市内4校の1年生122人に、自転車の前輪・後輪に取り付ける反射材を配付する。

 17日には山本会長らが上士別中学校を訪れ「夜光反射材は自分の存在をドライバーに知らせるもの。自分を守るためにしっかりと装着して下さい」と夜光反射材を手渡していた。

sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.