ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook


当社か一市三町の行政区域地図らのお知らせ

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」


  紙面掲載広告案内
 ■ヘッドライン
 ■会社概要

 


22024年7月17日付
 第7024号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています


【お知らせ】









◆合宿の里情報


士別市での公演ご案内

あさひサンライズホールの公演ご案内




名寄ENーRAYホールの公演ご案内

【今日のヘッドライン】


【士別市】
■ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024士別大会
―250人出場し記録に挑戦
―五輪日本代表選手も快走
―会場に響いた市民らの声援
 日本陸上競技連盟と北海道陸上競技協会が主催したホクレン・ディスタンスチャレンジ2024士別大会が13日、士別市陸上競技場で行われた。女子3千メートルにはパリ五輪日本代表の樺沢和佳奈選手(三井住友海上)が3位、後藤夢選手(ユニクロ)が4位に入賞するなど、選手たちの力走が目立っていた。 (村山功)

■令和6年士別神社例大祭
―威勢よく住宅地を練り歩く
―ゴールバーン市短期留学の高校生も参加
第126回目の士別神社例大祭が15日に行われ、この日は4年ぶりに本御輿が市内を練り歩いた。 士別神社例大祭は14日の宵宮祭で始まり、15日には市内各所で御神幸式を行った。
 この日は好天に恵まれ、夏本番を告げるような陽気となり、絶好のお祭り日和となった。朝からお神輿が市内各所を巡行し、つくも太鼓が奉納演奏を披露していた。
 午後からは東1条通りで稚児行列を行い、かわいらしい子どもたちの行列にカメラを向ける市民の姿が目立っていた。本御輿の渡御は士別市役所前から士別神社までの区間で行われた。威勢のよいかけ声が沿道に響き渡り、祭のムードを盛り上げていた。  

【和寒町】
■第15回北海道高齢剣友会団体剣道交流大会―熟練の剣さばきで熱戦
―各地から男女合わせ36チーム出場

【和寒町】
■全日本トライアル選手権和寒大会開催
―巧みな技量で難所に挑む
―トップライダーたちが難関のコースに挑戦

【士別市】
■市立士別図書館
―北海道の文学楽しんで
―小説やマップを展示
 北海道を舞台にした文学を集めた展示が、市立士別図書館1階貸出カウンター前で行われている。
 市立士別図書館では利用者の本選びの参考にと、年間を通しイベントや季節に合わせたさまざまなテーマの展示を行ってきている。
 今回は道内を舞台とした文学にあらためて目を向けてもらおうと、道北、道央などのエリアごとに分けて本を展示。
 道北は三浦綾子の「氷点」「塩狩峠」、村上春樹の「羊をめぐる冒険」、道央は渡辺淳一の「リラ冷えの街」など、街の名称や情景が描かれた作品を集めた。
 作品の舞台となった場所がひと目でわかるマップも掲示している。
 展示は31日まで。作品は貸出も行っており、利用を呼びかけている。

「今日のハイライト」 【士別市】 飲酒運転の根絶を

道の駅で啓発活動実施

士別市交通安全協会中央支部と士別市は12日、道の駅羊のまち侍・しべつで飲酒運転根絶をめざす街頭啓発を行った。
 2014年7月13日に小樽市で3人が死亡、1人が重傷という飲酒運転によるひき逃げ事件が発生。
 同日を飲酒運転根絶の日として、道内各地で積極的に防止運動が展開されており、士別市交通安全協会中央支部と士別市も毎年士別警察署の協力で啓発活動を実施している。
 この日の啓発活動には中央支部の役員、士別署、事務局、警友会から計20人が参加。
 道の駅に立ち寄った人たちに啓発チラシやうちわなどを手渡し、協力を求めていた。 

sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.